お金(資産)を減らさずに家を買う方法

ページに広告が含まれる場合があります。

こんにちは。卯木です。

夢のマイホームや初めての車や買い替えの車など、高額なモノを買うときってありますよね。その時はほとんどの場合、頭金を用意してローンを組んで購入し、毎月ローンの返済をしていく流れだと思います。

ローンは借金の一つですが、今回は借金云々ではありません。お金(資産)を減らさずに家を買う方法についてお伝えしようと思います。

家でなくても車や他のモノでも同じ消費の仕方についての考え方です。

ローンは手元に大金がなくても高額な商品が買えるというメリットがありますが、家・車でいうとローンを組んだ時点で数百万円〜数千万円の借金を抱えた状態になることから、「ローンは絶対ダメ派」の人もいますよね。

わかります。借金ですからね。一気に数百万円〜数千万円の負債を抱えるくらいなら、お金を貯めてキャッシュ(現金)で一括で払った方がいいという考えの人もいるでしょう。

お金を貯めて現金で払うと、当然ですがそのお金は無くなります。

一方で、毎月の負担を軽くするために住宅購入用に頭金として1500万円一生懸命貯めたとします。毎月の返済額は少なくなりますが、一生懸命貯めた1500万円は当たり前ですが一瞬で無くなります。

ですが、一気に大金を失う必要もなく、一生懸命貯めた頭金を失うこともなく、自分のお金(資産)を減らさずに家や車を買うことができる方法があるのです。

この方法を知っている人はお金(資産)を減らさずに家や車を買うことができて、
この方法を知らない人はせっかく築いたお金(資産)を一瞬で失います。

ドラゴン桜の桜木先生も言ってましたが、『知っているか知らないかの違い』ですね。

知っている人は得をして、知らない人は損をする。

家を買うときはローンを組んで、多くの人が毎月のお給料から返済していくことが当たり前になっていますが、この返済の仕方を変えるだけでお金(資産)を減らさずに家や車を買うことができるのです。

つまり、どのような流れで消費をするかということ。

資産家や経済的自由を得た人たちは、お金の使い方がとてもうまいので、お金が減るどころか増えていく一方なのです。

少し見ていきましょう。

お金(資産)を減らさずに家を買う方法

ローンはとても便利ですよね。手元に大金がなくても高額なモノが買えます。

結論からお伝えすると、お金(資産)を減らさずに家や車を買う方法は、『現金を利を生む資産に変え、その資産から出た利から支払う』ということです。

つまり、現金からそのまま消費するのではなく、現金を利を生む資産に変え、その資産から消費をするのです。

1万円のモノを買えば自分の持っている1万円は無くなります。これは当然ですね。当然ですが、この1万円はどこから消費しているか、がお金を減らすか減らさないかの分かれ道になります。

例えば、土地と建物合わせて3500万円の住宅をローンを組んで購入するとします。自己資金として一生懸命貯めた1500万円を頭金に充て、固定金利0.840%35年ローンで約6.5万円くらいでしょうか、これを毎月返済していきます。

この場合、住宅購入費として一生懸命貯めた1500万円は一瞬で失います。←これが現金からの消費です。

もし仮に、住宅購入費として一生懸命貯めた1500万円を頭金として出すのではなく、利を生む資産に変えたらどうでしょうか?

例えば毎月1%の利息が出る資産に変えれば、税金等は含めないとして単純に毎月15万円が利息として入ってきます。

1500万円を利を生む資産に変え、3500万円の固定金利0.840%・ボーナス払いなし・35年フルローンを組むと、毎月の返済額は約10.4万円ほどになります。

ここで、毎月の返済約10.4万円を、利を生む資産に変えた1500万円から利息として入ってくる15万円で支払えばどうなるでしょうか。

35年後。

15万円(利息)−10.4万円(ローン返済額)=4.6万円(毎月の残りの利息)
4.6万円×12ヶ月×35年1932万円

なんと、1500万円を失うことなくマイホームを購入できたことになり、35年後には利息として1932万円を得られたことになります。

税金等は考慮していない単純計算ですが、現金からそのまま消費するのではなく、現金を資産に変えて消費をすると、このようにお金(資産)を減らさずに家や車を買うことができます。

まとめ

現金→消費=❌
現金→資産→消費=⭕️

当然ですが、現金からそのまま消費するとお金は失ってしまいます。

ですが、利を生む資産に変えて、その資産から消費をするとお金を失わずに消費することができます。

今回は家でお話しましたが、車の購入も同様ですね。資産から毎月入ってくる利息でローンを払っていけば、お金を減らさずに車を買うことができます。

利を生む資産も色々ありますが、資産家と呼ばれる人たちやお金の使い方が上手な人は、お金を増やすのと同時に守っていくこともしっかり考えています。

資産形成や資産運用と考えると、お金を増やすことに目が行きがちですが、このように大切なお金を守っていくことも人生スパンで考えるととても重要なことですので、大切なお金や資産を守っていくキッカケになれば幸いです。

ぜひ当マネーセミナーもご活用ください。

それでは。

今さら聞けない資産形成の基本

全55P 入門編テキストを無料プレゼント!

  • 株や投資など資産形成や資産運用に興味がある
  • 今さら人には聞けない
  • お金について真剣に考えるようになった

こんな方に向けて「ライフデザインとお金」や「投資の基礎知識」、「主な金融商品の簡単な解説」などをまとめた入門編テキストです。
LINE MAGAZINEの読者様に無料でお渡ししていますので、ぜひお役立てください。

テキストを無料で手に入れる

卯木 惟史

卯木 惟史

ファイナンシャルアドバイザー/ 資産形成・運用・保全・継承に関するサポートをしています。

関連記事

ラグジュアリーカード
新着記事 おすすめ記事
  1. 世界で最も価値の高い硬貨は500円玉

  2. 2022年明けましておめでとうございます

  3. 年末はスマホの中身を整理しよう

  1. セミリタイアと「4%ルール」

  2. 資産運用の基本姿勢「長期・積立・分散」

  3. FIREを実現する為の4つのルート

PROFILE

 

■卯木惟史

■ファイナンシャル・アドバイザー

■ファイナンス教育事業

■HP制作事業

■通信・共済事業

■お寺の19代目・現副住職

 

ど田舎のお寺生まれで今はファイナンシャルアドバイザーとお寺の二足の草鞋。

 

大学を卒業し、飲食業界・不動産業界・ブライダル業界を経て独立。

 

個人向けに資産形成・運用のアドバイザリー業務を行いながら、豊かな未来への架け橋となるようファイナンス教育を行っています。

 

LINE MAGAZINE

TOP