積立投資でお金を無くす失敗をしてしまう人の特徴

ページに広告が含まれる場合があります。

もうすっかり秋ですね。いかがお過ごしでしょうか。

以前、「資産運用の基本姿勢「長期・積立・分散」という記事を出しました。

文字通り「長期・積立・分散」が資産運用の基本姿勢なんですが、注意することがあります。

それは「長期・積立・分散」の3つはセットではじめて基本姿勢になるということ。どれが欠けてもダメなんですね。

リスクを分散させながら毎月コツコツと20年〜といった長期で資産を形成していく方法は、時間を味方にすることで複利の恩恵を受けられるので、若いときから始めると比較的早い段階でFIREできるのですが、「長期・積立・分散」の3つを押さえてもお金をなくしてしまう方がいます。

その一つのポイントとして「長期」があります。

少し見ていきましょう。

一喜一憂して長期になってない

結論からお伝えすると、短期(10年未満)で売却してしまうとお金を無くしてしまう可能性があります。

コロナ禍で経済が落ち込みましたが、今は回復しつつあります。ドルコスト平均法で毎月積み立てている方は、下がっているときに多くの量を買い込めるので今後の値上がりに期待できますよね。

積立投資は長期が大前提になるので、値動きによって順調に増えるときもあれば、減ってしまうこともあります。

ここで大事になってくるのが、

  • 積立は長期が前提
  • 長期は途中で売らないことが前提

ということです。

順調に増えている間は、当然保有資産が増えているので、途中で売却すれば時には大金の現金が手に入ります。逆にコロナ禍のように経済の不景気の場合は、保有資産が減ってしまうこともあります。

もちろん不足の事態で貯金では賄えないお金が必要になったときは、売却して現金化するのは良いと思いますが、そういう不足の事態以外で順調に資産が増えてるのに途中で取り崩してしまうと、運用資産が減ってしまうので複利のパフォーマンスが落ちてしまいます。

逆に値下がりで資産が減っているのを目の当たりにして怖くなって途中で売却してしまうのはドルコスト平均法の恩恵を受けることなく、そんなに増えていないか損をしてしまう結果になります。

途中で売却が前提なら積立はやらない方がいい

積立投資は、老後の資産形成など長期にわたって資産を形成するのにとても有効です。

ですが、途中で売却をしてしまうと、前述したようにパフォーマンスが落ちてしまい、下手をすれば大切なお金を失ってしまいかねません。

投資信託の平均保有期間を見てみると、2.5年。証券会社や手数料など様々な要素があると思いますが、これは短すぎますね。驚きです。

購入当初は、「よし!毎月コツコツ長期で積立するぞ!」と意気込んでも、時間が経ちそのときの感情によって途中で売却してしまう方が大勢いらっしゃるのです。

この感情というのがお金に関して厄介な存在なんですね。

積立投資というのは、時間が経つにつれて複利の恩恵が大きくなりますので、老後資金をしっかり作りたい方は、よほどのことがない限り今までと変わらずコツコツ積立を続けていってほしいと思います。

まとめ

積立投資は続けてこそ意味があります。途中で売却してしまうとパフォーマンスが落ち、恩恵を受けられなくなってしまうので、ある意味で「放置」がポイントだと考えています。

「長期・積立・分散」の基本姿勢で始めることは、リスクと負担が少なく資産を形成できるので、本来であればワクワクするはずです。

ですが、そのときの値動きで一喜一憂していては、ワクワクどころか気が気ではない状態になって疲れてしまうので、ドルコスト平均法によって値下がり時は「ラッキー」くらいに思っておいた方がいいかもしれません。

参考になれば幸いです。

それでは。

今さら聞けない資産形成の基本

全55P 入門編テキストを無料プレゼント!

  • 株や投資など資産形成や資産運用に興味がある
  • 今さら人には聞けない
  • お金について真剣に考えるようになった

こんな方に向けて「ライフデザインとお金」や「投資の基礎知識」、「主な金融商品の簡単な解説」などをまとめた入門編テキストです。
LINE MAGAZINEの読者様に無料でお渡ししていますので、ぜひお役立てください。

テキストを無料で手に入れる

卯木 惟史

卯木 惟史

ファイナンシャルアドバイザー/ 資産形成・運用・保全・継承に関するサポートをしています。

関連記事

ラグジュアリーカード
新着記事 おすすめ記事
  1. 世界で最も価値の高い硬貨は500円玉

  2. 2022年明けましておめでとうございます

  3. 年末はスマホの中身を整理しよう

  1. 今注目されている「独立系FP」とは

  2. NISA(少額投資非課税制度)とは?

  3. 2021 START

PROFILE

 

■卯木惟史

■ファイナンシャル・アドバイザー

■ファイナンス教育事業

■HP制作事業

■通信・共済事業

■お寺の19代目・現副住職

 

ど田舎のお寺生まれで今はファイナンシャルアドバイザーとお寺の二足の草鞋。

 

大学を卒業し、飲食業界・不動産業界・ブライダル業界を経て独立。

 

個人向けに資産形成・運用のアドバイザリー業務を行いながら、豊かな未来への架け橋となるようファイナンス教育を行っています。

 

LINE MAGAZINE

TOP