営業は素晴らしい仕事

ページに広告が含まれる場合があります。

営業というワードを聞いてどんなイメージを持ちますか?

  • なんだか大変そう
  • ノルマとかあるんじゃない?
  • 悪徳営業マン
  • 無理やり売られそう
  • あ、また営業か、、、

と、マイナスのイメージを持つ方のほうが多いのではないかなと思うのですが、実際のところどうなのでしょう?

営業の仕事はお客様を幸せにすること

営業の仕事は
お客様を幸せにすること

営業という仕事は会社の中でも花形の職業だと思います。営業が仕事を取ってこないと会社に売り上げが入りません。

会社というのは、利益追求集団ですから、必死に商品を売っています。中にはインセンティブとして売り上げの数%が営業マンの給料に反映される会社もあります。

そのインセンティブが多ければ多いほど給料も多くなるので、なんとしてでも売ろうとします。その結果、強引な営業だったり、家に居座ったり、契約するまで帰らせないという悪徳な営業マンがいるのも事実かもしれません。

そういった営業マンは、本来の営業という仕事の目的を見失ってしまっています。『いかに売るか』を考えているんですね。売れればそれでOKで数字給料が全てです。

ですが本来の営業という仕事は、お客様を幸せにすることが目的です。

営業マンが扱う商品サービスによって、お客様が抱える問題を解決し、結果より豊かな人生を歩んでもらうことが本来の目的だと思います。

数字や給料は大事ですが、お客様を幸せにすることの対価として、給料や数字といった成績が反映されるという事を忘れてはいけませんね。

 

売れる営業マンと売れない営業マンの違い

売れる営業マンと
売れない営業マンの違い

これは明確に差が分かれます。それは、自分の為かお客様の為かの違いです。

つまり、商品やサービスを通して、お客様の幸せを考えるのか、商品やサービスをいかに売るかを考えているかということです。

売るまでは真剣に提案をしてくれてたかと思いきや、売った途端、急に連絡が途絶える営業マンより、自分の幸せを願いながら提案をしてくれている営業マンの方が、「そこまで考えてくれているなら、あなたから買いますよ」と言ってくれて、信頼・信用されますよね。

 

ポイントは、どうすれば幸せになってもらえるのか?ということを常に考えておくことが、売れる営業マンになる為の心構えです。

どうすれば幸せになってもらえるのか?の答えは、お客様の事をよーく理解することが必要です。理解する為には、相手のことを知る為にヒアリング力(質問力)やコミュニケーション力が必要です。

営業の仕事は、相手を幸せにする為に自分が成長しなければなりません。いろんなスキルや能力が培われます。

だから営業は素晴らしい仕事だと僕は思うのです。

それでは。

卯木 惟史

卯木 惟史

ファイナンシャルアドバイザー/ 資産形成・運用・保全・継承に関するサポートをしています。

関連記事

ラグジュアリーカード
新着記事 おすすめ記事
  1. 世界で最も価値の高い硬貨は500円玉

  2. 2022年明けましておめでとうございます

  3. 年末はスマホの中身を整理しよう

  1. ファイナンシャル・ウェルネスという考え方

  2. 資産運用の基本姿勢「長期・積立・分散」

  3. 債券について簡単に解説します

PROFILE

 

■卯木惟史

■ファイナンシャル・アドバイザー

■ファイナンス教育事業

■HP制作事業

■通信・共済事業

■お寺の19代目・現副住職

 

ど田舎のお寺生まれで今はファイナンシャルアドバイザーとお寺の二足の草鞋。

 

大学を卒業し、飲食業界・不動産業界・ブライダル業界を経て独立。

 

個人向けに資産形成・運用のアドバイザリー業務を行いながら、豊かな未来への架け橋となるようファイナンス教育を行っています。

 

LINE MAGAZINE

TOP