お金の専門家との上手な付き合い方で注意すべき事

ページに広告が含まれる場合があります。

お金の専門家と聞いて、どんな人を思い浮かべるでしょうか?

お金の専門家といえば、ファイナンシャル・プランナーが日本だと一番メジャーなところでしょうか。アメリカでは「ファイナンシャル・アドバイザー」というお金の先生がいますが、日本ではまだ馴染みが少ないかもしれません。

ちなみにファイナンシャル・アドバイザーはとてもステータスが高い職業として知られています。

かかりつけ医と同じように、一家に1人、ファイナンシャル・アドバイザーというお金の先生がいるのです。

お金の専門家

お金の専門家

お金の専門家といえば、お金に関するアドバイスをする仕事。お金の専門家で一番馴染みがある資格といえば、「FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)」ですね。

人生においてお金は切っても切れない関係なので、お金の専門家に相談をすることもあると思います。

資格を持っていると権威性が増したり説得力がありますよね。

ですが、、、、、

資格を持っているからといって、全てを鵜呑みにしてはいけません。

必ず覚えておくべき事

必ず覚えておくべきこと

覚えておくべきことは、ファイナンシャル・プランナーやファイナンシャル・アドバイザーを名乗る多くの人は、特定の金融機関や保険会社に属してお金をもらって契約を結んでいるということ。

ですので、自分が属している・契約している金融機関の商品や、保険会社の保険を売ります。

ということは、特定の機関や会社に属している人の話を鵜呑みにしてしまうと、顧客目線から考えると自分にとって本当に必要なものを選べない事態に陥ってしまう可能性があります。

お金についてアドバイスしてくれる先生は必要不可欠な存在です。

ですが、FPの資格を持ってるからといって、その人の言うことを全て鵜呑みにしてしまうと、何も分からない状態で自分にとって必要のない金融商品や保険商品を買ってしまうことになってしまいますので、注意が必要です。

顧客ファーストか
報酬ファーストか

一方で、特定の金融機関や会社とは関係なく、中立的な立場でお金についてアドバイスをする人もいます。とても有り難い事ですね。

お金について全体的なアドバイスをして最適化をする形です。

どこかに属していると、その商品を売って報酬を得る事になるので、顧客ファーストではなく、報酬ファーストになってしまう人がとても多いです。

中立的な立場のアドバイザーなら、顧客ファーストでアドバイスしてくれるので、そういった信頼出来るアドバイザーを探した方が今後の人生の為にもなりますので、ぜひ探してみると良いでしょう。

まとめ

お金について考えるということは、人生について考えることと一緒です。

豊かになる3ステップを実践し、信頼できる中立的な立場で全体的なアドバイスを行ってくれるアドバイザーを見つけることで、お金についての不安解消に繋がります。

ちなみに僕も中立的な立場のファイナンシャル・アドバイザーなので、気軽にご相談ください。

余談ですが、特定の保険会社の営業マンであれば、当然他社の保険商品は売る事ができません。保険は本当にたくさん種類があるので、保険は色々見た上で良いところ取りをする事が大事です。

それでは。こちらもどうぞ↓

卯木 惟史

卯木 惟史

ファイナンシャルアドバイザー/ 資産形成・運用・保全・継承に関するサポートをしています。

関連記事

ラグジュアリーカード
新着記事 おすすめ記事
  1. 世界で最も価値の高い硬貨は500円玉

  2. 2022年明けましておめでとうございます

  3. 年末はスマホの中身を整理しよう

  1. お金は人の5倍働く「r>g」

  2. 豊かになる3ステップ

  3. 2022年明けましておめでとうございます

PROFILE

 

■卯木惟史

■ファイナンシャル・アドバイザー

■ファイナンス教育事業

■HP制作事業

■通信・共済事業

■お寺の19代目・現副住職

 

ど田舎のお寺生まれで今はファイナンシャルアドバイザーとお寺の二足の草鞋。

 

大学を卒業し、飲食業界・不動産業界・ブライダル業界を経て独立。

 

個人向けに資産形成・運用のアドバイザリー業務を行いながら、豊かな未来への架け橋となるようファイナンス教育を行っています。

 

LINE MAGAZINE

TOP