Warning: Undefined array key "use_twitter_card" in /home/ugi0119/libera11.com/public_html/ideal/wp-content/themes/anthem_tcd083/functions/ogp.php on line 79

超便利!72の法則

ページに広告が含まれる場合があります。

突然ですが質問です。

手元の運用資金100万円を10年で2倍にする為には、運用利回り何%あればいいか?

手元の運用資金1000万円を運用利回り7%で運用した場合、2倍になるのは何年かかるか?

これを質問されて、パッと10秒くらいで答えられる人は知っている人ですね。

単利・複利という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、複利の計算はとても手間がかかります。(簡単な人は簡単だと思いますが…)

そこで本記事でご紹介するのが『72の法則』

72の法則は、お金を借りる時・お金を運用する時などに使える便利な計算で、『お金が2倍になる期間』が分かる計算です。

【計算式】
72 ÷ 金利 ≒ お金が2倍になる期間

ニアリーイコール(≒)は正確ではないが、それに近いことを指します。正確な数字ではありませんが、複利での計算で大まかな数字は分かるので簡単にシュミレーションしたい時に重宝しますね。

この72の法則を知っている人は、iPhoneでちゃちゃっと計算できちゃうわけです。

それでは見ていきましょう。

[toc]

10年で2倍にする為の運用利回り

10年で2倍にする為の運用利回り

例えば、運用資金を10年で2倍にする為に必要な運用利回りを調べる計算は、

72 ÷ 10(年数)= 7%(利回り)

これだけです。

冒頭にあった「手元の運用資金100万円を10年で2倍にする為には、運用利回り何%あればいいか?」という質問も、100万円を10年で2倍にする為には、7%の運用利回りが必要ということです。

7%の運用利回りで2倍になる年数

例えば、運用資金を運用利回り7%で2倍になる年数を計算する為には、

72 ÷ 7%(利回り)=10(年数)

これもたったこれだけです。

冒頭にあった「手元の運用資金1000万円を運用利回り7%で運用した場合、2倍になるのは何年かかるか?」という質問も、1000万円を7%で運用した場合、10年で2倍になるということです。

10年で2倍にする為の運用利回り

同時に覚えたい
「100の法則」「115の法則」

このように72の法則は、知っておいて損はない知識になります。

72の法則は複利での計算になりますが、他にも『100の法則』『115の法則』もあります。

100の法則

100の法則は、単利でお金が2倍になる計算です。

【100の法則計算式】
100÷金利≒お金が2倍になる期間

有名な言葉に、

複利は人類最大の発明だ。
アインシュタイン

という言葉がありますが、複利の72の法則と単利の100の法則を比べてみると、複利で利回り7%で運用したら資産が2倍になるのに10年でしたが、単利では14年(100÷7≒14)必要であり、4年も違うことが分かります。

115の法則

115の法則は、複利でお金が3倍になる計算です。

【115の法則計算式】
115÷金利≒お金が3倍になる期間

例えば、100万円を5%で運用して3倍になる年数は、

115÷5(金利)=23(年数)

となり、約23年必要ということが分かります。

まとめ

72の法則はとても便利な法則です。

これを使って計算すれば、複利がいかに凄いか、銀行の普通預金(0.001%)に入っているお金が2倍になる年数や、リボルビング払い(約15%)で元金が何年で2倍になるかも分かります。

普通預金で2倍になる年数は、約72,000年後・・・

リボ払いの場合、約4.8年で2倍・・・

とんでもない数字ですね。

それでは。

卯木 惟史

卯木 惟史

ファイナンシャルアドバイザー/ 資産形成・運用・保全・継承に関するサポートをしています。

関連記事

ラグジュアリーカード
新着記事 おすすめ記事
  1. 世界で最も価値の高い硬貨は500円玉

  2. 2022年明けましておめでとうございます

  3. 年末はスマホの中身を整理しよう

  1. ゴールの無いマラソン

  2. FIREを実現する為の4つのルート

  3. 新NISA制度とは?

PROFILE

 

■卯木惟史

■ファイナンシャル・アドバイザー

■ファイナンス教育事業

■HP制作事業

■通信・共済事業

■お寺の19代目・現副住職

 

ど田舎のお寺生まれで今はファイナンシャルアドバイザーとお寺の二足の草鞋。

 

大学を卒業し、飲食業界・不動産業界・ブライダル業界を経て独立。

 

個人向けに資産形成・運用のアドバイザリー業務を行いながら、豊かな未来への架け橋となるようファイナンス教育を行っています。

 

LINE MAGAZINE

TOP